ビートルズにまつわる雑文日記

ザ・ビートルズもしくはその辺りにまつわる雑文を不定期に書いていきます。

ジョージ・ハリスン「Here Comes The Sun」&ポール・サイモン「Homeward Bound」




というわけで、家にいるとどーでもいいというよーなことを思い出したりするわけです。(^-^)

昔すごく使っていた、ipodクラシック(馬券が当たって買いました!)充電して使えるよ。
とか思いついたわけです。

でもどー使ったらいーのか、いろいろめんどーになりそーなので、とりあえず懐かしい動画
などをぼちぼち見ていたところ

ジョージ・ハリスン&ポール・サイモンのいい感じのコラボ動画があったわけです。
ipod時代、これそーとーみたんです。



2020-07-12_1538

ジョージとポール・サイモンってちょっと意外ですよね。
でもここでのパフォーマンスは、ジョージ超かっこいいよーなのです。
多分、エリック・クラプトンが言っていた
ビートルズオーラが原因だと思われます。
「Here Comes The Sun」はもちろんだけど
サイモン&ガーファンクルの「Homeward Bound」もいいんです。
エンディング、ジョージのブルージーなギターフレーズはとても素敵です。

僕が高校の頃は、ビートルズより
サイモン&ガーファンクルの方が人気がありました。
しかも部活の部室で、キャプテンが「4月になれば彼女は」というポールサイモンの名曲を
ギターで弾いた驚きを今でも思い出します。

というわけで、その後、僕もギター買いました。
「4月になれば彼女は」のために (^-^)

「エジプト・ステーション」ポール・マッカートニー

2020-07-11_1428


「フレイミング・パイ」どうしようとまだ考えているわけです。
よーする高いんです。(^_^;)

というわけで
ポールの「エジプト・ステーション」よく聴いています。
いやー名曲の嵐です。飽きない。「フレイミング・パイ」の10倍は凄いと思う(勝手に)
最後のフレッシュン・アップツアーから2年近く経って
あの頃は、意味のない?モヤモヤした悩み的なものがなかったっけなー
ドームに行く前に食べた「いもやの天丼」普通にくいてーと思うのです。

このCDがリリースされた時に、最初に好きになった曲が「アイ・ドント・ノウ」です。
やっぱりポールはピアノだよね。ポール自身もこの曲が1番好きらしい。

実はこの曲には、個人的因縁があって、美容室にカットに行ったところ
有線から聞こえてきたわけですよ。ポールの新曲「アイ・ドント・ノウ」
びっくりしたのと、感動したのと、とにかく一瞬で、空間が変わったんだよね。

思わず、いつもの美容師さんにこの曲があのポール・マッカートニーの新曲で
僕は、ポールの東京ドームに行ってくることを話したわけです。
チケット代が高いことも話したら。。。

なんと彼女は、テーラースイフトのドームに行くらしく
ポールのチケット代の4倍ぐらいの値段だったのです。
そんなわけ、その後は静かになりました。

駅ピアノで弾くならばコレというのは決めています。笑


ポールが解散後リンゴにプレゼントした曲ってどれもいー曲なんだよね


というわけで、
ビートルズが解散した後、リンゴが発表したLPやシングルってどれもヒットしたんだよね。
そーリンゴ80歳おめでとうございます。
まだまだ元気ですね。(^-^)


中学校の頃買ったLP「RINGO」1973年リリース

2020-07-10_1004

↓参加メンバーがすごい!まだまだザ・バンドやおなじみのニッキー・ホプキンス
マーク・ボラン、ニルソン、ジョン・レノン、ポールマッカートニー、ジョージ・ハリスン
などなど

2020-07-10_1005

クラウス・ヴアマンが曲ごとに書いた歌詞のリトグラフ付

2020-07-10_1006

あまり見てなかった (^_^;)

アルバム自体に、ジョン・レノンとジョージが楽曲提供し
レコーディングに参加していて
一方ポールは、その頃あまり関係がよくなくて
どーしようかなーと。。。でもポールはポールです。
最後にビシッと「Six O'clock」という超名曲を提供し
ビートルズ再結成か!
などという期待が盛り上がったわけです。
やっぱりポールっていー曲(メロディ)を書いちゃうんですね。
リンゴが、今のリンゴで頑張っているのも
この時のポールのバックアップがあってだねって密かに思っているのです。

Six O'clock



ポールは、リンゴの3枚目のアルバムにもスィートな楽曲「ピュアゴールド」を提供しています。

スポンサードリンク





スポンサードリンク

記事検索


もっとビートルズ関連ブログをみてみる

にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ
にほんブログ村