ビートルズにまつわる雑文日記

ザ・ビートルズもしくはその辺りにまつわる雑文を不定期に書いていきます。

ポールが解散後リンゴにプレゼントした曲ってどれもいー曲なんだよね


というわけで、
ビートルズが解散した後、リンゴが発表したLPやシングルってどれもヒットしたんだよね。
そーリンゴ80歳おめでとうございます。
まだまだ元気ですね。(^-^)


中学校の頃買ったLP「RINGO」1973年リリース

2020-07-10_1004

↓参加メンバーがすごい!まだまだザ・バンドやおなじみのニッキー・ホプキンス
マーク・ボラン、ニルソン、ジョン・レノン、ポールマッカートニー、ジョージ・ハリスン
などなど

2020-07-10_1005

クラウス・ヴアマンが曲ごとに書いた歌詞のリトグラフ付

2020-07-10_1006

あまり見てなかった (^_^;)

アルバム自体に、ジョン・レノンとジョージが楽曲提供し
レコーディングに参加していて
一方ポールは、その頃あまり関係がよくなくて
どーしようかなーと。。。でもポールはポールです。
最後にビシッと「Six O'clock」という超名曲を提供し
ビートルズ再結成か!
などという期待が盛り上がったわけです。
やっぱりポールっていー曲(メロディ)を書いちゃうんですね。
リンゴが、今のリンゴで頑張っているのも
この時のポールのバックアップがあってだねって密かに思っているのです。

Six O'clock



ポールは、リンゴの3枚目のアルバムにもスィートな楽曲「ピュアゴールド」を提供しています。

ビートルズ脱退、ポール・マッカートニー伝説は「ラム」で始まる


2020-07-03_1426

ビートルズ脱退後、宅録で製作した「マッカートニー」を発表
ビートルズ解散が決定し、スコットランドの小さな丘で生活しながら、制作された曲を
最終的には、ニューヨークセッションでスタジオ・ミュージシャンと完成させた作品が「ラム」。

「ラム」発売の前にリリースされたシングルが「アナザー・ディ」
こんないい曲、ポールにしか書けないでしょ。
1971年4月17日のビルボード・チャート5位 でした。
僕の記憶が正しければ、うちの相方が口ずさむことができるくらい
日本でも結構ヒットしました。(^-^)

そして1971年5月17日にアルバムが発売!
ポール曰く「ram」という言葉を思いついた。結構いいんじゃないかと思ったよ。
強い雄の動物だし、あと動詞の「ram」は強く前に押すっていう意味もあるからね。

そして1971年9月4日「ラム」からカットされた「アンクル・アルバート〜ハルセイ提督」が
ソロになって初めて、ビルボードチャート1位を獲得しました。

これまた当時、僕の周りでは、ポール大好きで
唯一一人だけ「ラム」を持っているやつがいまして。。
「バックシート」聞かなきゃダメといつも言っていて
まーそれほどすごい幻の曲だったのです。

さらに
ビートルズのレーザー・ディスクも持っていたわけで (^_^;)
たまプラまでみに行きました。

そしてもう一人「アンクル・アルバート〜ハルセイ提督」
この曲を得意にするやつも一人いまして。。
リンダが歌う「バタパイ!」というところを完璧に真似するという
一発芸を持っておりました。(^-^)

確かに「バックシート」はすごい曲だけど
僕は、今も昔も「ディア・ボーイ」がベスト。

アーカイブ・コレクションの中でもっとも内容が充実していたのが「ラム」
(今現在)

2020-07-03_1121



The Back Seat Of My Car

やさしい気持ち「Warm And Beautiful」が好き( Wings at the Speed of Sound)


2020-06-30_1513
 
2014年に発売された「Speed of Sound」のアーカイブ・コレクション
CDが2枚、アルバムのリマスターCDとボーナストラック
DVDが1枚、ミュージックビデオ
というシンプルさ。バリー・マイルズがライナーを書いて(^-^)で、
14000円ですよ。

これを考えると、今回発売される「フレミングパイ」の金額高騰にはどうなんでしょ。
ちょっと手が出せないなーとしみじみ。
昔のCDは、持ってるし、発売後にすぐ「amazon music」で聴けるし。。(^_^;)

2020-06-30_1515


ズバリ「やさしい気持ち」が好きなんですよ。
このLPは、僕が初めて買ったウィングスのLPなのです。
1976年です。今は昔ですね。
高校の帰り道にあるレコード屋さんで書いました。
その頃、帰り道には何とレコード屋が3件もありました。
今は0です。(いや演歌の専門店が1件)

もー毎日こればっかり聴いていていました。
僕の好きだった曲は「サン・フェリー・アン」から「やさしい気持ち」
最後の2曲です。
そこへ行くのに結構時間がかかります。
正直リンダの「クック・オブ・ザ・ハウス」はどーなの?
と思っていました。(^-^)

その頃、妹がピアノ教室に行っていて
カワイのピアノがありました。(今でもある)
密かに「やさしい気持ち」練習しました。
楽譜などないので、完璧な耳コピです。

「やさしい気持ち」
今度ポールがやってきたら聴きたい曲第1位なのです。
「ワーキング・クラシカル」で演奏された「やさしい気持ち」もぜひ








スポンサードリンク





スポンサードリンク

記事検索


もっとビートルズ関連ブログをみてみる

にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ
にほんブログ村