ビートルズにまつわる雑文日記

ザ・ビートルズもしくはその辺りにまつわる雑文を不定期に書いていきます。

ジョンの魂はギターにあり!ギター・マガジン 2019年1月号 がゲットバック


2021-04-22_1302


ジョン・レノンっていまさらだけど、かっこいい。

このギターマガジンのレノン特集

今は昔、学生の頃一緒にジャズ喫茶へよくいっていたKくんに貸したんだけど。。

いつのま戻っていました。

そうそれで思い出したんだけど、

ジャス喫茶って、マスターに何かリクエストしなくちゃいけないらしく

僕はジャズ知らないので、まースルー。

でもKくんは、いつもジャンゴをリクエストしていました。

ジャンゴ ・ラインハルトは、ベルギーのジャズ・ミュージシャンで

当時、神様のようなお方でして。。。

僕には完全に難解でした。

そんなわけで、Kくんは、いつもジャンゴの曲をリクエストしていたわけです。

そーLPも持ち歩いていましたね (^-^)

というわけで、ようやく、ジョン・レノンです。

なんとジョンもジャンゴ風のソロギターを演奏しています。

ジョンは、ポールが作った「ハニーパイ」でジャンゴ風、リードギターを弾いています。

ジョージならありそーですが、ジョン・レノンです。やっぱり天才ですよ。

タブ譜あるので、ジョージも絶賛した、ジョンのギターコピーしようと。

思うわけです。


モノ・リマスターが音がはっきりしていて推奨です。

Honey Pie (Mono / Remastered 2009)





ジョージ・ハリスン「Art Of Dying」えっ?フィル・コリンズも


2021-04-19_1851

というわけでジョージのというよりロック界の財産「オール・シングス・マスト・パス」(^-^)
こちらは、30年後の2000年に再発された「ニューセンチュリー・バージョン」です。
いやーあらためて素晴らしい作品です。
ライナーも充実していて、ジョージ・ハリスンのアルバム解説が、貴重です。
これだけでも価値ありです。

例えば、ジョージ曰く
「オール・シングス・マスト・パス」をレコーディングしてからもう30年になる。
あのアルバムに入っている曲は、今も気に入っている。
そんな中こんなお言葉も
当時は大編成による演奏がふさわしいと思えたが
「ウォール・オブ・サウンド」による響きは、少し大げさな感じがするんだ。えっー(^_^;)
 
そんなわけで、オール・シングスの収録曲は、すべて好きです。が1曲選べと言われたら
「Art Of Dying」なのです。この曲は、僕が進学で東京に行くことになって、引っ越してから
狭い部屋でよく聞いた曲なんです。めちゃかっこいい曲です。
ギターは、クラプトンだったんだね。
「Art Of Dying」は、アルバムの中でも最も古くに作られた曲で、
1966年〜67年ごろに作られた曲らしい。
ジョージは当時、未発表の曲を40曲ぐらい持っていたようです。

そしてなんとこの「Art Of Dying」でコンガを叩いていたのが、フィル・コリンズらしく
ジョージは、30年後フィル・コリンズにお礼をしたらしい。
「セッションに参加してくれてありがとう。」






ポール・マッカートニー『McCartney III』を再構築したアルバム『McCartney III Imagined』全曲公開 -amass


2021-04-16_1346
 

『マッカートニーIII IMAGINED』は、一流ミュージシャンがそれぞれお気に入りの『マッカートニーIII』の収録曲を自らの独特なスタイルでカヴァー/リミックス/再構築したアルバム。

ストリーミング配信開始しました。
今朝、車の中で聴くことができました。
「Seize The Day」が好き!
衝撃的で、目が覚めました。(^-^)

今回参加したミュージシャンたちは、アンダーソン・パーク、Beck、ブラッド・オレンジ、デーモン・アルバーン、EOB、ジョシュ・オム、クルアンビン、3D RDN(マッシヴ・アタック)、フィービー・ブリジャーズ、セイント・ヴィンセント、他。

人選はポールが自ら行っており、彼の友人、ファン、あるいは今回新たに知り合ったミュージシャンが選ばれている。そうして出来上がったこのアルバムは、万華鏡のようなバラエティ豊かな作品となっています。

ポール、ほんと凄いよ。

詳しくは、amassの記事で >>http://amass.jp/146186/

スポンサードリンク





スポンサードリンク

記事検索


もっとビートルズ関連ブログをみてみる

にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ
にほんブログ村