ビートルズにまつわる雑文日記

ザ・ビートルズもしくはその辺りにまつわる雑文を不定期に書いていきます。

John Lennon

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ プレイボーイ・インタビュー 1980年完全版


2020-11-11_1854

ジョン・レノン PLAYBOY インタビュー

1981年3月10日 第1刷発行、 先日の記事はこちら↓
http://collette.blog.jp/archives/83390087.html

というわけで、今回
ジョン・レノン&オノ・ヨーコ プレイボーイ・インタビュー 1980年完全版として
再販されました。

1980年9月の3週間、アルバム「ダブル・ファンタジー」の発売を前に、ジョン・レノンとオノ・ヨーコは、「プレイボーイ誌」のため、ロング・インタビューで語りに語った。
著者がその取材時を振り返り、細部まで書き起こした完全版。

かなり劇的ビフォー・アフターです。(^-^)

装丁もシンプルでいいと思う。

2020-12-10_1905

400ページを超える内容なので、結構厚いです。

2020-12-10_1906
 
まだザーッと見ただけなんだけど、ベースはもちろんそーなんだけど
完全版は、前回の本に書かれなかったジョンのインタビューも
かなり多く収録されている様です。また何が完全版なのか?
前回の本と比べて、チェックしてみようと思います。

このインタビューでは、プレイボーイ誌のために、
ジョンは、自分たちの歌の解説をまとめる作業をしていました。

例えば、「オール・マイ・ラヴィング」

前の本
これは残念なことにポールの曲だよ(笑)悔しいほどいい曲さ。
バックで思い入れたっぷりのギターを弾いているのが僕。

今回の本
「オール・マイ・ラヴィング」は、ポールだ。残念だけど (笑)
どうして残念なんですか?めちゃくちゃいい曲だからだよ。
でも僕もバックでなかなか巧いギターを弾いてるよ

というわけで、続く ?

イエロー・サブマリン 〜ソングトラック


2020-12-07_0937


イエロー・サブマリン 〜ソングトラックは、映画イエロー・サブマリンに使われた、ビートルズの演奏した15曲を収録したアルバム。そして、イエロー・サブマリンから30年「ヘイ・ブルドッグ」のシーンを含めた完全版を映像化するプロジェクトがスタートし、そして1999年に実現、同時に「イエロー・サブマリン 〜ソングトラック」も新たにリミックスされ発売!、1995〜1996のアンソロジー以来のスペシャルなアルバムとなったわけです。

レココレの NEW「イエロー・サブマリン」ビートルズの99年型リミックス!
というのもそーゆーことなのです。

というのも、寒いけどいい天気なこの頃で、IPODクラシックをカバンに入れて散歩しているだけど
このIPODクラシック、動画も保存し見たりすることができて、「ヘイ・ブルドッグ」のビデオもみることができるのです。(^-^)
当時は、画期的でしたが、今では引退して、天気がいい日だけ活用しているわけです。

そしてしかもこのIPODは、皐月賞の万馬券で買った曰く付きのIPODで
カッチーこと田中勝春騎乗のビクトリー。どうもです。それ以降は全く。。。(^_^;)


2020-12-07_1317


めちゃかっこいい「ヘイ・ブルドッグ」のビデオです。
一時、この曲が超大好きな時がありました。(今も好きなジョンのフレーズ)

You can talk to me You can talk to me 
You can talk to me 
If you're  loney you can talk to me



ジョン・レノンが亡くなる4日前のインタビューを初オンエア TOKYO FMの特番 11月29日放送 -amass


2020-11-28_1520

sauce:amass 詳しくは>> http://amass.jp/141849/

ジョン・レノン(John Lennon)が亡くなる4日前のインタビューを初オンエア。TOKYO FMの特別番組『Love, Touch & Diet(愛して、触って、食事して)〜ジョンとヨーコの子育て三カ条〜』が11月29日(日)放送されます。
LENNON.Forever 特設HPはこちらから https://www.tfm.co.jp/imagine/


ミュージック・マガジン増刊 「ジョン・レノンを抱きしめて メモリアル・エディション」
ジョン・レノンの追悼ムックといえば、これですね。今回放送されるインタビューも
このムックで、掲載されていました。
永久保存版として持っておきたい一冊です。執筆者も納得いく人たち
故、中村とうよう氏の書いた「世界史の中のジョンレノン」
僕にとってはかなり衝撃でしたね。





ジョン・レノン&オノ・ヨーコ展覧会の特番「イマジンは生きている ジョンとヨーコからのメッセージ」NHKで放送決定

ジョン・レノンとオノ・ヨーコの大展覧会<DOUBLE FANTASY - John & Yoko>東京展の特集番組『イマジンは生きている ジョンとヨーコからのメッセージ』がNHK BSプレミアムで11月21日(土)に放送されます。

番組情報 『イマジンは生きている ジョンとヨーコからのメッセージ

NHK BSプレミアムで、11月21日(土)21時~22時29分 放送です。

詳しくは、amassの記事で >>http://amass.jp/141336/


「ジョン・レノン&オノ・ヨーコ プレイボーイ・インタヴュー1980完全版」発売!


2020-11-11_1854
 
ジョン・レノン PLAYBOY インタビュー
1981年3月10日 第1刷発行 されたもの

ちなみにこちらの写真は

1981年版でかなり読みまして、汚れが目立ちますが。。。(^_^;)


まさに、ジョンが新しいステップに出ようという時期

この本が重要で、画期的だったのは

誰が実際に、ビートルズの曲を書いたのかを

ジョンがこのインタビューで、解説したことです。


ジョンは、ビートルズ(レノン・マッカートニー)の楽曲で

一体どこが彼が書いたのかにかなりこだわります。


この本は、今でも時々手にします。まだまだ現役です。(^-^)
日本では過去に2回 (1981年と1990年)、書籍の形で刊行されたことがあります。

そんなわけで

今回は、ジョン・レノン生誕80年、没後40年の2020年、『DOUBLE FANTASY - John & Yoko』東京展も話題となる中、ジョンとヨーコの歴史的インタヴューが待望の新装発売! 1980年9月、3週間にわたって二人に徹底的に密着して行なわれたロング・インタヴューの全貌を、新たな訳でお届けする。とのこと。

最近は、あまり手にしていませんでしたが
1981年の初版が発行された時は、毎日読んでいたのです。
今回の出版が、ロング・インタヴューの全貌をさらに明らかにしてくれるとのこと。
100%そうであれば、買いですね。

とりあえず予約しました。



スポンサードリンク





スポンサードリンク

記事検索


もっとビートルズ関連ブログをみてみる

にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ
にほんブログ村