ビートルズにまつわる雑文日記

ザ・ビートルズもしくはその辺りにまつわる雑文を不定期に書いていきます。

George Harrison

ジョージ・ハリスン「Art Of Dying」えっ?フィル・コリンズも


2021-04-19_1851

というわけでジョージのというよりロック界の財産「オール・シングス・マスト・パス」(^-^)
こちらは、30年後の2000年に再発された「ニューセンチュリー・バージョン」です。
いやーあらためて素晴らしい作品です。
ライナーも充実していて、ジョージ・ハリスンのアルバム解説が、貴重です。
これだけでも価値ありです。

例えば、ジョージ曰く
「オール・シングス・マスト・パス」をレコーディングしてからもう30年になる。
あのアルバムに入っている曲は、今も気に入っている。
そんな中こんなお言葉も
当時は大編成による演奏がふさわしいと思えたが
「ウォール・オブ・サウンド」による響きは、少し大げさな感じがするんだ。えっー(^_^;)
 
そんなわけで、オール・シングスの収録曲は、すべて好きです。が1曲選べと言われたら
「Art Of Dying」なのです。この曲は、僕が進学で東京に行くことになって、引っ越してから
狭い部屋でよく聞いた曲なんです。めちゃかっこいい曲です。
ギターは、クラプトンだったんだね。
「Art Of Dying」は、アルバムの中でも最も古くに作られた曲で、
1966年〜67年ごろに作られた曲らしい。
ジョージは当時、未発表の曲を40曲ぐらい持っていたようです。

そしてなんとこの「Art Of Dying」でコンガを叩いていたのが、フィル・コリンズらしく
ジョージは、30年後フィル・コリンズにお礼をしたらしい。
「セッションに参加してくれてありがとう。」






ボブ・ディランの文庫本は、読んでみるべし? (^-^)


2021-04-12_0925

そんなわけで「ディランを聴け!? 」です。

「風に吹かれて」のベストバージョンはこれだ!
いまだに過小評価されている奇跡的な傑作はまだまだある。
全582曲を★★★★★満点で完全紹介
この曲さえあれば人生やっていける。
時代もジャンルも超越する孤高の天才は
ここから聴くしかない!

先日書いた「これがビートルズ」の著者中山康樹さんのディランの楽曲、解説本です。(^_^;)
全582曲、実際はこれ以降の曲数は増えているし、決定的な名曲も発表されているけど
とりあえず僕にとっては、お手軽でしかも熱いし、好きなんです。(^-^)

ディランを聴くのってめんどくさいよね。僕はめんどくさい。
子供の頃、ディランを聴いているやつって、全くいなかったね。
いたとしても、兄貴が聴いているとか。。。
よくよく話を聞いていてみると、ガロのファンとか(^_^;)

そんなわけで、この分厚い文庫本も、ビートルズあってのボブ・ディラン
600ページもあるし、読むというよりも参考書にしています。
最近リリースされた1970年のジョージ・ハリスンの参加なども記載してある

ディランとジョージ・ハリスンは、友達だった。ローリングストーンズのキース・リチャードや
ロンウッド、エリック・クラプトンも友達だったが、一緒にアルバム1枚作ろうという段階に
いったのは、ジョージ・ハリスンだけ。「イフ・ノット・フォーユー」はジョージとの共演
バージョンもある。


Bob Dylan - Love Minus Zero/No Limit (Live 1971)





BOB DYLAN1970「イフ・ノット・フォーユー」「さらばジャマイカ」



2021-03-02_0911


1970年5月1日、ジョージ・ハリソンが参加したセッションとされる
「イフ・ノット・フォーユー」
このバージョンは、すでに、ブートレッグシリーズ1〜3に収録されていて
ジョージのスライドも彼風に、聴けるわけだけど
今回のバージョンは、スライドがない!。。。?
そんなわけで、ディランの作品には、終わりなきバージョンが多すぎる!
というわけで、まったりと聴くのが一番

今回気になったナンバーが、ハリーベラフォンテが1957年にリリースした
ジャマイカのフォークソング「さらばジャマイカ」カリプソです。(^-^)

僕にウクレレを教えてくれてたいわゆる師匠が、
ある時、この曲を選曲して歌ってくれたことがあったのを思い出したからで
ディランと同じ感性だったわ、いや年齢だと思うけど

今回のCDの目玉?「イエスタディ」よりも実にいいバージョンになっている。

ウクレレを引っ張り出したよ。トロピカル!(^-^)


まだまだ聴けてないんだよね。
昨日は、常総学院勝っちゃうし!
高校野球はやっぱりいーですね。


ディランとビートルズ、参考になります。






「ボブ・ディラン 1970」コンビニ到着です。

2021-03-02_0911
 


ジョージ・ハリスンとの貴重なセッションを収録した50周年記念盤。
1970年5月1日におけるジョージ・ハリスンとのスタジオ録音は全9トラック
ちなみに、1970年って万博だったよね。初めて新幹線に乗りました 。(^_^;)

というわけで
このところ、CDは買わずに、ストリーミングで聴くことがほとんどなのですが
ジョージ・ハリスンとの貴重なセッションを収録した。。。とか書かれると
これは、買って置こうかなとなるわけです。
セッションの内容は、もう以前からいろいろ書かれたり、デモが、アップされたりとか
してたんだけど、オフィシャル盤ですね。解説も盛りだくでしょう。(まだ開けてない)

そんなわけで、最近は、タワレコ(ネット)で買っています。
どーしてかというと、コンビニ払いで、送料無料だからです。送料無料!これ重要です。

そして、田舎にはこれかなり便利です。セブンがいたるところにありまして (^_^;)

そんなわけで、昨日CDをとりに行きました。
そしたら4200円!えー、家に一旦帰りました。

内容につきましては、また後日に



詳しくは、アマゾンでチェック




ジョージ・ハリスン「慈愛の輝き」を聴く

2021-03-01_0924
 

久しぶりに、「コンサート・フォー・ジョージ」をみていたわけで、
(このところ、月に一回は観てるかも)
ほんといいコンサートだよなぁと、「Isn't It A Pity」が美しすぎる。。。

そんな「Isn't It A Pity」を書いたいたのはこちらで


ということで、勢い久しぶりにジョージの傑作アルバム、「慈愛の輝き」を聴いてまったりと。。。
でも、もう3月だよ。と当たり前のことだけど早い!
そして 「ジョージ・ハリスン」といえば、「Love Comes To Everyone」だよね。
このアルバムって嫌いな曲がない、いーアルバムなのです。

ただ、初めて、このLPを買って聴いたときに、
えー「ヒア・カム・ザ・ムーン」ってあり?って子ども心に、思ったのです。
どーもすみません。(^-^)




スポンサードリンク





スポンサードリンク

記事検索


もっとビートルズ関連ブログをみてみる

にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ
にほんブログ村