ビートルズにまつわる雑文日記

ザ・ビートルズもしくはその辺りにまつわる雑文を不定期に書いていきます。

Ringo Starr

「リンゴズ・ロートグラビア」ジョンは料理好き!


2021-03-12_1429
 

解散後「RINGO」「GOODNIGHT VIENNA」と立て続きに大ヒット
ジョン、ジョージ、ポールがサポートし、それぞれらしい美しい曲を提供したよね。
それがちょっと、減速したのがこの「リンゴズ・ロートグラビア」かな
レコード会社が変わったのも雰囲気の違いや失敗できないって感じだったと思う。
えーリアルタイム (^_^;)
高校卒業の頃かなぁ

LPのライナーを久しぶりに読んだけど
ジョン・ポール・ジョージ、エリック・クラプトンが曲も提供
そして、ブライアン・ウィルソンの相棒、ヴァン・ダイク・パークス!も参加
彼らしい曲を提供しています。

でもこのアルバムには、決定的な名曲が収録されていて
ご承知の通り、ポール・マッカートニーからのプレゼント
「PURE GOLD」ポールの彼らしい傑作です。
ネットに、アップされています。

そしてリンゴがジョンがわざわざ、僕のために描いてくれた!と喜んだ
ジョンが提供した「クッキン」!
僕は、ジョン好きだったからこの曲、好きだったなー。
ハウス・ハズバンドの時代の作品です。
ちなみに僕も料理好きです。







1970年代ビートルズ物語 by リンゴ・スター


2021-03-11_0914
 

久しぶりに、リンゴの傑作「RINGO」をCDで、聴いていたら

そうこのCDには、リンゴの自作曲「明日への願い」と
「1970年ビートルズ物語」の2曲がボーナストラックでついていたわけです。
昨日知った(^_^;)。
「明日への願い」、「1970年ビートルズ物語」とも
リンゴの作品で、ジョージがプロデュースした「明日への願い」は
キャッシュ・ボックスで、全米1位!を獲得。
さらにこの「明日への願い」のB面には、リンゴの自作「1970年代ビートルズ物語」
が収録されています。
これが、なんだかなーと思っていたんだけど、
解説によると、ビートルズ解散当時の1970年、ジョン、ポール、ジョージの生活と
リンゴの心情が歌われている。いま聴くとシミジミとした曲なんだよね。

CDの対訳によると

例えば、ポール

農場に住み愛敬もたっぷり
牛はいないけど
羊はいっぱい飼っている
新しい奥さんと家族
そして彼が町にやって来たら
僕とプレイしてくれるかな

そしてジョン・ジョージにもそんな歌詞が (^-^)





リンゴ・スター「想い出のフォトグラフ」で今年も終わりだよ


2020-12-29_1051

2020-12-29_1052

2020-12-29_1053


リンゴの最高傑作というか、アナザー・ビートルズというか
このLPは高校時代(リンゴスターの歩みなど 解説が超豪華!)とにかくよく聴きました。
何しろジョン・ポール・ジョージが全員が本気で、レコーディングに参加したわけで
ビートルズは、復活してまた活動するんだなーとマジ思っていました。(^-^)

ビートルズのメンバーが、提供した
ジョンの「アイム・ザ・グレーテスト」
リンゴ・ジョージとの共作「想い出のフォトグラフ」
ポールの「シックス・オクロック」全部名曲 (^-^)
3人のプレゼン全て採用って感じです。

今にして思うに、ザ・バンドが参加しているのが、時代の最先端だったね。

来年は、ディランとジョージの「イフ・ノット・フォーユー」
「イエスタディ」もあったっけ!ということで

来年もよろしくです。





「明日への願い」(It Don't Come Easy)リンゴ・スター


2020-11-25_1624


2020-11-25_1625


というわけで、久しぶりにバングラデシュ・コンサートのDVDを見ました。
DVDが豪華なんです、ポストカードがやたら多かった。(^-^)
ちょっとかっこいい人たちのカードです。ディランがなかったかも
やっぱりクラプトン、かっこいいです。
でもコンサートでは、あまり体調がよくなさそーでした。

そんなわけで、リンゴ「明日への願い」(It Don't Come Easy)がいいんです。
ジョージが全面協力で、制作した「明日への願い」ですが、
解散後1971年「ビルボード」誌では、最高位4位を獲得、また「キャッシュボックス」誌ではNo.1を獲得!ジョンやポールよりも先に全米No.1をゲット!で話題になったようです。そりゃそうですよね。
このコンサートのリンゴは、ビリー・プレストンのあと7人目に登場です。

今回バングラ見たら、やっぱりリンゴ・スターは、大スターです。
彼の登場で、会場の雰囲気が、パーっとかわるんですよ。
ザ・バンドのラストワルツでもそーだけど、リンゴオーラ走ってます。
「明日への願い」曲もかっこいいです。
↓↓




ポールが解散後リンゴにプレゼントした曲ってどれもいー曲なんだよね


というわけで、
ビートルズが解散した後、リンゴが発表したLPやシングルってどれもヒットしたんだよね。
そーリンゴ80歳おめでとうございます。
まだまだ元気ですね。(^-^)


中学校の頃買ったLP「RINGO」1973年リリース

2020-07-10_1004

↓参加メンバーがすごい!まだまだザ・バンドやおなじみのニッキー・ホプキンス
マーク・ボラン、ニルソン、ジョン・レノン、ポールマッカートニー、ジョージ・ハリスン
などなど

2020-07-10_1005

クラウス・ヴアマンが曲ごとに書いた歌詞のリトグラフ付

2020-07-10_1006

あまり見てなかった (^_^;)

アルバム自体に、ジョン・レノンとジョージが楽曲提供し
レコーディングに参加していて
一方ポールは、その頃あまり関係がよくなくて
どーしようかなーと。。。でもポールはポールです。
最後にビシッと「Six O'clock」という超名曲を提供し
ビートルズ再結成か!
などという期待が盛り上がったわけです。
やっぱりポールっていー曲(メロディ)を書いちゃうんですね。
リンゴが、今のリンゴで頑張っているのも
この時のポールのバックアップがあってだねって密かに思っているのです。

Six O'clock



ポールは、リンゴの3枚目のアルバムにもスィートな楽曲「ピュアゴールド」を提供しています。

スポンサードリンク





スポンサードリンク

記事検索


もっとビートルズ関連ブログをみてみる

にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ
にほんブログ村